書籍

分類番号 表題 内容 著者/筆写者 出版年/購入年/筆写年 西暦 頁数
1.印刷本、一般教養書            
1.1. 〈幕府御役人(武鑑)〉          
1.2. 御手本 (文字の手習い) 陸前国登米郡支配所不忘川原町・佐藤屋正七持主 明治四年七月吉日    
1.3.1 芥子園画伝 第一集 絵画論 五音書局石印 中華民国元年    
1.3.2 芥子園画伝 第二集   五音書局石印 中華民国元年    
1.3.3 芥子園画伝 第三集   五音書局石印 中華民国元年    
1.3.4 芥子園画伝 第四集   五音書局石印 中華民国元年    
1.4.1 寂照堂谷響続集巻一  (盂蘭盆会など文章) 瑞応泊翁老和尚著 、前川茂衛門・同権兵衛梓 元禄壬申 孟夏穀且    
1.4.2 寂照堂谷響続集巻二  (紀年用歳陽歳陰名など)      瑞応泊翁老和尚著 、前川茂衛門・同権兵衛梓 元禄壬申 孟夏穀且    
1.4.3 寂照堂谷響続集巻三  (田比流離王など) 瑞応泊翁老和尚著 、前川茂衛門・同権兵衛梓 元禄壬申 孟夏穀且    
1.4.4 寂照堂谷響続集巻四         (青蓮華尼酔婆羅門など) 瑞応泊翁老和尚著 、前川茂衛門・同権兵衛梓 元禄壬申 孟夏穀且    
1.4.5 寂照堂谷響続集巻五        (天龍八部讚など) 瑞応泊翁老和尚著 、前川茂衛門・同権兵衛梓 元禄壬申 孟夏穀且    
1.4.6 寂照堂谷響続集巻六        (本覚下轉など) 瑞応泊翁老和尚著 、前川茂衛門・同権兵衛梓 元禄壬申 孟夏穀且    
1.4.7 寂照堂谷響続集巻七        (法華首人壁など) 瑞応泊翁老和尚著 、前川茂衛門・同権兵衛梓 元禄壬申 孟夏穀且    
1.4.8 寂照堂谷響続集巻八        (清浄行者不入涅槃など) 瑞応泊翁老和尚著 、前川茂衛門・同権兵衛梓 元禄壬申 孟夏穀且    
1.4.9 寂照堂谷響続集巻九        (六師外道与仏捕神力など) 瑞応泊翁老和尚著 、前川茂衛門・同権兵衛梓 元禄壬申 孟夏穀且    
1.4.10 寂照堂谷響続集巻十        (精進太過など) 瑞応泊翁老和尚著 、前川茂衛門・同権兵衛梓 元禄壬申 孟夏穀且    
1.5. 和漢名物茶入肩衡 上卷          
1.6. 大成分要 萬世武鑑 全   出雲寺幸次郎 天保八酉年    
1.7. 飲中八遷歌 (書手本)        
1.8. 峩山稿 上卷          
1.9. 訂註 御成敗式目       高井蘭山翁講釈東都書林土巌堂      
1.10. 続皇朝史略 三   青山延于著山中市兵衛發行 明治10年11月    
1.11. 泰西史鑑 上編六          
1.12. 白雲舘詩眼   熊坂台州先生著尾陽書肆 風月堂 寛政九年丁巳四月    
1.13. 孝義録正抜 完 (登米郡狼河原村百姓平右衛門の事跡)        
1.14. 続々世界商売往来 全   東京書賈・青山堂発兌 紀元二千五百三十三年第二月    
             
             
2.印刷本、医学書            
2.1.1 産育全書 外篇一 産科医学書 醇生庵蔵板 近江八幡 水原義博済卿父著 嘉永三年刻成    
2.1.2 産育全書 外篇二 産科医学書 醇生庵蔵板 近江八幡 水原義博済卿父著 嘉永三年刻成    
2.1.3 産育全書 外篇三 産科医学書 醇生庵蔵板 近江八幡 水原義博済卿父著 嘉永三年刻成    
2.1.4 産育全書 外篇四 産科医学書 醇生庵蔵板 近江八幡 水原義博済卿父著 嘉永三年刻成    
2.1.5 産育全書 外篇5 産科医学書 醇生庵蔵板 近江八幡 水原義博済卿父著 嘉永三年刻成    
2.1.6 産育全書 外篇6 産科医学書 醇生庵蔵板 近江八幡 水原義博済卿父著 嘉永三年刻成    
2.1.7 産育全書 外篇七 産科医学書 醇生庵蔵板 近江八幡 水原義博済卿父著 嘉永三年刻成    
2.1.8 産育全書 内篇八 産科医学書 醇生庵蔵板 近江八幡 水原義博済卿父著 嘉永三年刻成    
2.1.9 産育全書 内篇九 産科医学書 醇生庵蔵板 近江八幡 水原義博済卿父著 嘉永三年刻成    
2.1.10 産育全書 内篇十 産科医学書 醇生庵蔵板 近江八幡 水原義博済卿父著 嘉永三年刻成    
2.1.11 産育全書 試験方十一 産科医学書 醇生庵蔵板 近江八幡 水原義博済卿父著 嘉永三年刻成    
2.1.12 産育全書 別付録 産科医学書 醇生庵蔵板 近江八幡 水原義博済卿父著 嘉永三年刻成    
2.1.13 産育全書 別附録(奥付に安政二年夏月に求める、とあり) 産科医学書 平安・醇生庵蔵 嘉永三年創成    
2.2. 寛政新刻・巻懐食鏡   牛山香月先生輯述。京兆書舗 柳枝軒 汲古堂 明和三年戊九月寛政二年戊九月新刻    
2.3.2 張氏医道算要巻二          
2.3.3 張氏医道纂要巻之三 (悪寒) 三河勝烏巣      
2.3.4 張氏医道纂要方巻之四 (婦人科)        
2.4. 金匱要略方論   平安書肆  諧仙堂藏板 順受居蔵 文化三年丙寅正月新刻    
2.5. 新刻古方選 ( (安永元ヵ)壬申正月熊坂邦跋) 小野隆菴先生著、洛西上阪文寶堂、洛下梅村玉池堂 宝暦庚辰十年自序、宝暦辛己十一年撰文    
             
2.6. 新刊大字十四経全            山本長兵衛尉      新刊 寛文五乙巳正月    
2.7.1 医学質験集   産科発蒙一 (印「有美堂」) 鶴陵片倉元周著、静倹堂藏、須原屋など六軒発刊 寛政己未(11)五月    
2.7.2 医学質験義集  産科発蒙二(二巻三巻) (印「有美堂」) 鶴陵片倉元周著、静倹堂藏  寛政己未(11)五月    
2.7.3 医学質験義集  産科発蒙三(四巻) (印「有美堂」) 鶴陵片倉元周著、静倹堂藏  寛政己未(11)五月    
2.7.4 医学質験義集  産科発蒙四(五巻六巻) (印「有美堂」、挿図あり) 鶴陵片倉元周著、静倹堂藏  寛政己未(11)五月    
2.8.1 合類医学入門  新校正 一    (新旧集例など) 南豊李先生著、      万暦丙子仲春4年=1576)    冊川栢原淡実 八尾玄長新編 寛文丙午(乙年)春三月望月序、享保壬寅(7=1722)養正堂    
2.8.2 合類医学入門  新校正 二    (歴代医学姓氏など) 南豊李先生著、万暦丙子仲春四年(1577)冊川栢原淡実 八尾玄長新編 寛文丙午(乙年)春三月望月序、享保壬寅(7=1722)養正堂    
2.8.3 合類医学入門  新校正三     (経穴起止など) 南豊李先生著、万暦丙子仲春四年(1577)冊川栢原淡実 八尾玄長新編 寛文丙午(乙年)春三月望月序、享保壬寅(7=1722)養正堂    
2.8.4 合類医学入門  新校正四       (診脈など) 南豊李先生著、万暦丙子仲春四年(1577)冊川栢原淡実 八尾玄長新編 寛文丙午(乙年)春三月望月序、享保壬寅(7=1722)養正堂    
2.8.5 合類医学入門  新校正五     本草上 南豊李先生著、万暦丙子仲春四年(1577)冊川栢原淡実 八尾玄長新編 寛文丙午(乙年)春三月望月序、享保壬寅(7=1722)養正堂    
2.8.6 合類医学入門  新校正六     本草下 南豊李先生著、万暦丙子仲春四年(1577)冊川栢原淡実 八尾玄長新編 寛文丙午(乙年)春三月望月序、享保壬寅(7=1722)養正堂    
2.8.7 合類医学入門  新校正七     温暑など 南豊李先生著、万暦丙子仲春四年(1577)冊川栢原淡実 八尾玄長新編 寛文丙午(乙年)春三月望月序、享保壬寅(7=1722)養正堂    
2.8.8 合類医学入門  新校正八     傷寒下 南豊李先生著、万暦丙子仲春四年(1577)冊川栢原淡実 八尾玄長新編 寛文丙午(乙年)春三月望月序、享保壬寅(7=1722)養正堂    
2.8.9 合類医学入門  新校正九     中風門 南豊李先生著、万暦丙子仲春四年(1577)冊川栢原淡実 八尾玄長新編 寛文丙午(乙年)春三月望月序、享保壬寅(7=1722)養正堂    
2.8.10 合類医学入門  新校正十     瘧疾門 南豊李先生著、万暦丙子仲春四年(1577)冊川栢原淡実 八尾玄長新編 寛文丙午(乙年)春三月望月序、享保壬寅(7=1722)養正堂    
2.8.11 合類医学入門  新校正十一     諸虚門 南豊李先生著、万暦丙子仲春四年(1577)冊川栢原淡実 八尾玄長新編 寛文丙午(乙年)春三月望月序、享保壬寅(7=1722)養正堂    
2.8.12 合類医学入門  新校正十二    麻痺門 南豊李先生著、万暦丙子仲春四年(1577)冊川栢原淡実 八尾玄長新編 寛文丙午(乙年)春三月望月序、享保壬寅(7=1722)養正堂    
2.8.13 合類医学入門  新校正十三     心痛門 南豊李先生著、万暦丙子仲春四年(1577)冊川栢原淡実 八尾玄長新編 寛文丙午(乙年)春三月望月序、享保壬寅(7=1722)養正堂    
2.8.14 合類医学入門  新校正十四     婦人門 南豊李先生著、万暦丙子仲春四年(1577)冊川栢原淡実 八尾玄長新編 寛文丙午(乙年)春三月望月序、享保壬寅(7=1722)養正堂    
2.8.15 合類医学入門  新校正十五     小児門 南豊李先生著、万暦丙子仲春四年(1577)冊川栢原淡実 八尾玄長新編 寛文丙午(乙年)春三月望月序、享保壬寅(7=1722)養正堂    
2.8.16 合類医学入門  新校正十六    外科上 南豊李先生著、万暦丙子仲春四年(1577)冊川栢原淡実 八尾玄長新編 寛文丙午(乙年)春三月望月序、享保壬寅(7=1722)養正堂    
2.8.17 合類医学入門  新校正十七    外科下 南豊李先生著、万暦丙子仲春四年(1577)冊川栢原淡実 八尾玄長新編 寛文丙午(乙年)春三月望月序、享保壬寅(7=1722)養正堂    
2.9. 局方発揮 全   花洞田窮軒申      武村新兵衛刊行     元義島撰 元禄二臘月    
2.10.1 鰲頭 運気論 上   劉温舒撰 大坂敦賀屋九兵衛 正徳乙未五年    二月吉日    
2.10.2 鰲頭 運気論 下   劉温舒撰 大坂敦賀屋九兵衛 正徳乙未五年    二月吉日    
2.11.1 痘科鍵  元   朱鳳台槙人 柏原屋清左エ門など 享保十五原板    安永六年五月再刻    
2.11.2 痘科鍵  亨   朱鳳台槙人 柏原屋清左エ門など 享保十五原板    安永六年五月再刻    
2.11.3 痘科鍵  利   朱鳳台槙人 柏原屋清左エ門など 享保十五原板    安永六年五月再刻    
2.11.4 痘科鍵  貞   朱鳳台槙人 柏原屋清左エ門など 享保十五原板    安永六年五月再刻    
2.12.1 大医院校註 婦人良方      目録一巻   秀水石山沈誠譔      臨川陳自明良甫編 嘉靖歳丁未冬    十月既望    
2.12.2 大医院校註 婦人良方      目録 巻之二~四   秀水石山沈誠譔      臨川陳自明良甫編 嘉靖歳丁未冬    十月既望    
2.12.3 大医院校註 婦人良方      目録 巻之五~七   秀水石山沈誠譔      臨川陳自明良甫編 嘉靖歳丁未冬    十月既望    
2.12.4 大医院校註 婦人良方      目録 巻之八~十一   秀水石山沈誠譔      臨川陳自明良甫編 嘉靖歳丁未冬    十月既望    
2.12.5 大医院校註 婦人良方      目録巻之十二~十五   秀水石山沈誠譔      臨川陳自明良甫編 嘉靖歳丁未冬    十月既望    
2.12.6 大医院校註 婦人良方      目録巻之十六~十九   秀水石山沈誠譔      臨川陳自明良甫編 嘉靖歳丁未冬    十月既望    
2.12.7 大医院校註 婦人良方      目録巻之二十~二十三終   秀水石山沈誠譔      臨川陳自明良甫編 嘉靖歳丁未冬    十月既望    
2.12.8 大医院校註 婦人良方      目録巻二十四 補遺   秀水石山沈誠譔      臨川陳自明良甫編 嘉靖歳丁未冬    十月既望    
2.13.2 新刊萬病 回春 巻之二   金谿雲林編
金陵書院
     
2.13.3 新刊萬病 回春 巻之三   金谿雲林編
金陵書院
     
2.13.4 新刊萬病 回春 巻之四   金谿雲林編
金陵書院
     
2.13.5 新刊萬病 回春 巻之五   金谿雲林編
金陵書院
     
2.13.6 新刊萬病 回春 巻之六   金谿雲林編
金陵書院
     
2.13.7 新刊萬病 回春 巻之七   金谿雲林編
金陵書院
     
2.13.8 新刊萬病 回春 巻之八   金谿雲林編
金陵書院
     
2.14. 初学人身究理   松山棟庵・森下岩楠合訳、松山氏版 明治十四年六月第五刻    
2.15. 医方大成論(冒頭に元亨元年より寛永元年まで三百五年、ほか書き込み多数)          
2.14. 錦嚢外療秘録   定栄堂主人識、浪速書肆・吉文字屋市兵衛版 明和九壬辰年八月    
2.15. 格知与論 (奥付に、沼倉斎安による奥書、印あり)        
2.16. 熱病指揮   小畑良卓先生著、詩山堂蔵梓 天保丁酉春刊成    
2.17. 温疫論発揮 上・下   小畑良卓先生校注、詩山堂蔵梓 天保丁酉春刊成    
             
             
             
3.筆写本、一般教養書            
3.1. 有美堂書籍目録     嘉永元年七月吉旦改    
3.2. 仕立物寸法指南 (袴など、挿図あり)        
3.3. 文人集   有美堂      
             
4.筆写本、医学書            
4.1.沼倉齋安筆写本            
4.1.1 医方聚 全 (末尾に「此方 砂金東安先生之所撰也」とあり)   寛政年間?   21丁
4.1.2 腹証奇覧 上冊 (湖南・稲葉克文礼著、中ほどから服証奇覧下巻の写本)   (文化元年三月写)    
             
4.2.沼倉泰安筆写本            
4.2.1 導水鎖言 全 (和田泰純著) 倉寛之裕・写之 (文化7年6月写)    
4.2.2 医方標的 全 (平安・中神富徳纂輯、巻末に京師にて写す、とあり) 倉寛之裕・写之 (文化8年7月下旬写)    
4.2.3 衛生堂備用方   (倉寛之裕か) (文化8年頃写しか)    
4.2.4 阿蘭陀膏方   (倉寛之裕か) (文化8年頃写しか)    
4.2.5 阿蘭陀薬油製法   皇都僑舎・倉寛子裕写之 (文化8年7月下旬写)    
4.2.6 諸家方函          
4.2.7 阿蘭陀外科秘録 全 (慶安四暦正月吉旦・阿蘭陀大通・西吉兵衛尉)       49丁 
4.2.8 阿蘭陀方言和解 (寛文十二年三月十三日・阿蘭陀通詞・中嶋清左衛門ほか5名著)       41丁 
4.2.9 養寿院経験方          
4.2.10 生々堂養生論 全   京師僑舎・倉寛子裕写之 (文化8年7月下旬写)    
4.2.11 生々堂傷寒論 全          
4.2.12 生々堂独語抄          
             
4.3. 沼倉三友筆写本            
4.3.1 諸家秘方聞記 全   倉三友編撰      
4.3.2 治痘口訳   霧溪池田晋柔行著      
4.3.3 春林軒丸散録 全          
             
4.4. 沼倉春安            
4.4.1 赤松先生 眼科方選          
4.4.2 写本 薬雅 全 (最終丁に、嘉永七甲寅年十一月中旬に東都下谷丹桂薬室謹写、とあり) 仙台住・有美堂主介・沼倉良斎 (嘉永7年11月)    
4.4.3 療眼全書 全 共三巻 (最終丁に、嘉永七甲寅年冬に東都・丹桂薬室於北軒にて写す、とあり) 有美堂主人・沼倉春安 (嘉永7年11月ヵ)    
4.4.4 獺祭録 序 全 (最終丁に、安政元年冬十二月に東都・赤松丹桂薬室於北窓下にて写す、とあり) 有美堂主人・沼倉春安 (安政元年12月)    
             
4.5. 沼倉隆信筆写本            
4.5.1 病理総論     明治初期?    
4.5.2 理学日記 三 (講義録か) 宮城県磐井県合併・沼倉隆信筆記 明治初期?    
4.5.3 教授斎藤先生講述・解剖学 上 (講義録か)   明治初期?   211丁 
4.5.4 教授斎藤先生講述・解剖学 下 (講義録か)   明治初期?    
             
4.6. 筆写者不明本            
4.6.1 (重訂古今方彙) (写本、帙とも、裏表紙見返しに自筆) 江都医官望三英(印) 安永九庚子春発行    
4.6.2 (医術書、癌の病状と治法について)          
4.6.3 麻疹論 全 (最終丁に、麻疹二十四年、安永五年四月下旬より五月上旬漸及数多、と書き込みあり)   (安永5年か)    
4.6.4 痘瘡治術伝 全 (寛政四年壬子歳春二月 周防・池田瑞仙成義謹識)        
4.6.5 古方兼用丸散方・東洞家十二律方・金瘡外科神機 三部          
4.6.6 傷寒邇言 (伊勢 橘春暉著 寛政三年辛亥孟春)        
4.6.7 方極 (東洞先生口授 長門・品丘明筆受、周防・田宮龍校正)        
4.6.8 経穴巻 下          
4.6.9 蛭田流産伝秘図 全